利用規約

利用規約

本規約は、株式会社Zouk(以下「当社」といいます。)が当社のウェブサイト(https://cashu.jp/ 以下「本サイト」といいます。)において提供するサービス「Cashu」(サービス内容の変更が生じた場合の変更後のものを含み、以下「本サービス」といいます。)について、本サービスの利用条件及び当社と本サービスのユーザーとの法律関係を規定するものです。
本サービスを利用する場合、本規約をよくお読みいただき、その内容を理解し、本規約が適用されることに同意の上、本サービスを利用するものとし、当社はユーザーが本サービスを利用した時点で本規約に同意したものとみなします。

第1条(定義)

  1. 「本アカウント」とは、当社所定の手続を経て開設される本サービスにおけるユーザー固有のアカウントをいいます。
  2. 「ユーザー」とは、本アカウントを保有し、当社による本サービスの利用を認められた者及び本アカウントを開設してユーザーになろうとする者をいいます。
  3. 「ユーザー情報」とは、本サービスの利用に際して、ユーザーが当社に対して提供した情報(個人情報を含みます。)をいいます。
  4. 「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)に定める個人情報をいいます。
  5. 「本就活情報」とは、ユーザーが自身の就職活動に関して作成した、履歴書、エントリーシート、自己分析結果その他の当社が指定する情報をいいます。
  6. 「本件取引」とは、本サイトにおいて行われる当社によるユーザーの本就活情報の買取りをいいます。
  7. 「アカウント残高」とは、本サービス内において円換算にて記録される、本件取引によりユーザーが受け取る本就活情報の対価の残高をいいます。
  8. 「登録銀行口座」とは、当社所定の手続を経て登録されるユーザー本人の金融機関口座をいいます。

第2条(本サービスの内容)

  1. 当社は、本サイトにおいてユーザーの本就活情報を買い取るサービスを提供します。
  2. 当社は、ユーザーから買取りの申込みを受けた本就活情報について、本就活情報の種類、内容、提供先等に応じて、当社所定の金額(以下「買取金額」といいます。)でこれを買い取ります。なお、ユーザーは、本就活情報のうち当社による買取りが不可能なものがあることをあらかじめ承諾するものとします。
  3. 本件取引によりユーザーが当社から支払いを受ける本就活情報の対価は、アカウント残高として記録されるものとします。
  4. ユーザーは、本規約又は当社所定の方法により、アカウント残高を登録銀行口座に引き出すことができます。
  5. 本件取引の成立日から6ヶ月以内に、当該本件取引によって得られたアカウント残高を出金しない場合、当該アカウント残高は失効し、以後出金できないものとします。

第3条(本アカウントの開設)

  1. ユーザーが本サービスを利用するには、当社所定の方法に従い、本アカウントを開設し、本規約に同意する必要があります。ユーザーは本サービスを利用することにより本規約に同意したものとします。
  2. ユーザーは、本アカウントの開設にあたり、当社に対し、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければならず、第三者へのなりすましや虚偽の情報を提供してはならないものとします。ユーザーが当社に対して提供した情報に変更があった場合、ユーザーは、速やかに変更後の内容を当社に提供するものとします。
  3. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、本アカウントを開設させない場合があります。
    1. 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
    2. 当社に提供された情報の全部又は一部が虚偽であった場合又は本アカウントの開設のために必要な当社所定の情報が不足する場合
    3. 過去に当社により本サービス又は当社が提供する他のサービスの利用を停止された者である場合
    4. 未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人その他の制限行為能力者である場合
    5. その他当社が不適切であると判断した場合
  4. 本アカウントに関する一切の権利は、ユーザーに一身専属的に帰属します。ユーザーは、これらの権利を第三者に譲渡、貸与又は相続させることはできません。また、ユーザーは本アカウントを第三者に使用させることはできません。
  5. ユーザーは、自己の責任において、本アカウントのログインID及びパスワードを管理するものとします。当社は、本アカウントへのユーザーのログインに際し、当社が送信を受けたID及びパスワードが当社に登録されたものと一致することを確認した場合は、当該ログインがユーザー本人によるものでない場合であっても、当社はこれをユーザー本人によるログインとみなし、これによりユーザーに生じた損害について当社は賠償する責任を負わないものとします。
  6. ユーザーがログインID及びパスワードのいずれも失念した場合、本サービスを利用できなくなることがあります。この場合、これによってユーザーに生じた損害について当社は賠償する責任を負わないものとします。

第4条(本アカウントの抹消)

  1. ユーザーは、当社所定の手続により、本アカウントを抹消することができます。
  2. 本アカウントの開設後に前条第3項各号のいずれかに該当することが判明した場合、当社は、本アカウントを抹消することができるものとします。
  3. 当社は、当社が別途定める一定期間にわたって使用されない本アカウントを抹消することができるものとします。この場合、当社は本アカウントの抹消にあたり、事前にユーザーに通知を行うものとします。
  4. 本アカウントが抹消された場合であっても、本アカウントの抹消までに成立した本件取引及び本規約の効力は何ら影響を受けないものとします。
  5. 本アカウントが抹消された場合、ユーザーは、アカウント残高を放棄するものとし、当該アカウント残高を登録銀行口座へ出金する権利を失うものとします。
  6. 当社は、本条に基づき本アカウントが抹消された場合であっても、これによりユーザーに生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。

第5条(本件取引)

  1. ユーザーは、本サイトを利用した当社所定の手続により、当社に対し、本就活情報の買取りを申し込むことができます。
  2. 本件取引の対象となる本就活情報の内容及び当社に対する提供方法は当社が定めるものとします。
  3. ユーザーが本条第1項の買取りの申込みを行い、これを当社が承諾した場合、当社とユーザーとの間で本件取引が成立するものとします。当社は、ユーザーが買取りの申込みを行った後、ユーザーに対し、本サービス上で当該本就活情報の買取金額を提示しますが、ユーザーは、当社が提示する買取金額をあらかじめ承諾して買取りの申込みを行うものとします。
  4. 前項の規定にかかわらず、ユーザーは、本就活情報のうち当社による買取りが不可能なものがあることをあらかじめ承諾するものとします。
  5. 本条の規定にかかわらず、ユーザーのアカウント残高が当社所定の金額を超える場合その他当社が本件取引を行うことが適当でないと判断する場合、当社は、ユーザーの本条第1項の買取りの申込みに対して、買取金額の提示の前後を問わず、これを拒否する場合があります。

第6条(禁止事項)

  1. ユーザーは、当社に対し、以下の各号に定めるものを含む本就活情報の買取りを申し込んではならないものとします。
    1. 明白な虚偽の情報又は著しく誇張された情報
    2. 法令若しくは公序良俗に違反する又はこれらに違反するおそれがある情報
    3. 既に本件取引の対象となった情報
    4. その他当社が買い取ることが適当でないと判断した情報
  2. ユーザーは、以下の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。
    1. 法令若しくは公序良俗に違反する又はこれらに違反するおそれのある行為
    2. 犯罪行為及び犯罪を助長する行為
    3. 本件取引が成立した本就活情報を本サービスに類似するサービスを提供する者その他の第三者に対して提供する行為
    4. 当社又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー権、所有権その他の権利又は利益を侵害する行為
    5. 当社又は第三者に対して損害を与える行為
    6. 当社に対して当社が定める本件取引の対象となる本就活情報以外の情報の買取りを申し込む行為
    7. 当社に対して当社が定める方法によらずに本就活情報の買取りを求める行為
    8. 本サービスに関してウィルス等の不正なプログラム等を送信する行為
    9. その他当社が不適当と認める行為

第7条(本就活情報の知的財産権等)

  1. 本件取引の対象となる本就活情報の著作権その他の知的財産権(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む。)その他一切の権利(以下「知的財産権等」といいます。)は、本件取引の成立とともに、ユーザーから当社に移転するものとします。
  2. ユーザーは、本件取引が成立した本就活情報について、当社又は当社が指定する第三者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。
  3. ユーザーは、当社に対し、買取りを申し込んだ本就活情報が第三者の知的財産権等を侵害しないものであることを保証するものとします。

第8条(当社による本就活情報の利用)

  1. 当社は、本件取引が成立した本就活情報について、個人情報の削除その他当該本就活情報を提供したユーザーが特定されないように加工した上で、当社のウェブサイト、メディア等において公開することができるものとし、ユーザーはこれを承諾するものとします。
  2. ユーザーは、当社が統計的な分析をすることその他当社が必要と判断する事項を目的として、本件取引が成立した本就活情報を統計的に処理し、分析することがあることを承諾するものとします。
  3. 当社は、本条に定める本就活情報の利用のために、第三者のサーバー、解析ツール、プログラムその他のサービス等を利用することができるものとし、ユーザーはこれを承諾するものとします。

第9条(当社によるユーザー情報の利用)

  1. 当社は、ユーザーの同意を得て、ユーザー情報を第三者に提供することができるものとします。この場合、当社は、ユーザーから、提供先、提供方法及び提供する情報の内容について同意を得るものとします。
  2. 当社は、個人情報保護法その他の法令、ガイドライン及び当社のプライバシーポリシーに従い、ユーザーから提供された個人情報を取り扱うものとします。

第10条(アカウント残高の引出)

  1. ユーザーは、当社所定の方法により、アカウント残高を登録銀行口座に出金申請することができます。但し、当社は1回又は1日あたりの出金申請額に下限又は上限を設けることがあります。
  2. ユーザーが前項の出金申請をした場合、当社は、次項に定める手続により、ユーザーのアカウント残高の全額(以下「出金額」といいます。)を登録銀行口座に振り込むものとします。但し、出金額が、当社が設けた下限を下回る場合又は上限を上回る場合はこの限りではなく、出金額が当該上限を上回る場合には上限額を登録銀行口座に振り込むものとします。
  3. 当社は、ユーザーから第1項の出金申請を受け、当該出金申請がユーザー本人の意思によるものであること、出金額が当社所定の範囲内であることその他の当社所定の条件を満たすことが確認されたときは、登録銀行口座に対して、出金額(出金額が当社所定の上限を上回る場合には上限額)から銀行振込手数料を控除した残額を振り込むものとします。
  4. 本件取引の成立日から6ヶ月以内に、当該本件取引によって得られたアカウント残高を出金しない場合、当該アカウント残高は失効し、以後出金できないものとします。

第11条(利用環境の整備)

  1. ユーザーは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他あらゆる機器を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
  2. ユーザーは、自己の利用環境に応じ、コンピュータウィルスの感染、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。
  3. 当社は、ユーザーの利用環境について関与せず、これについて一切の責任を負わないものとします。

第12条(本サービスの知的財産権等)

  1. 本サービスに含まれる一切のプログラム、コンテンツ及び情報に関する知的財産権等はすべて当社に帰属し、著作権法、商標法その他の法令等により保護されます。
  2. ユーザーは、当社の許諾を得ることなく、利用、翻訳・翻案、複製、公衆送信、販売、ライセンス許諾その他の方法により本サービスに含まれるコンテンツ等を利用してはならないものとします。

第13条(本サービスの一時停止又は中止)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに通知又は催告することなく、本サービスの全部もしくは一部を停止又は中止することがあります。
    1. 天災地変、停電、システム障害、通信障害、ユーザー端末の故障、未対応端末への変更等、やむを得ない事由により本サービスを提供することができないと判断されたとき
    2. システムの保守・点検等により、本サービスに関するシステムを停止する必要があると判断されたとき
    3. 本サービスが犯罪等に利用されたと疑われるとき
    4. 本アカウントの不正使用の可能性がある場合、その他の本アカウントに関する情報が第三者により取得されたことが疑われる場合
    5. 第3条第3項各号のいずれかに該当することが判明したとき
    6. その他やむを得ない事由が生じたとき
  2. 当社は、前項に基づき本サービスの全部もしくは一部が停止又は中止された場合であっても、これによりユーザーに生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。

第14条(本サービスの終了)

  1. 当社は、天災地変、社会情勢の変化、法令の改廃、その他技術上又は営業上の判断等の理由により、本サービスの全部又は一部を終了することがあります。この場合、当社所定の方法により法令に基づきユーザーに本サービスの終了を通知するものとします。
  2. 前項の場合、ユーザーは、当社所定の方法により登録銀行口座へのアカウント残高の出金申請を行うことができます。この場合、当社は、第10条に基づき、登録銀行口座への出金を行うものとします。
  3. 第1項のサービス終了日から90日を経過してもユーザーから出金申請がされない場合、当該ユーザーは、アカウント残高を放棄するものとし、当該アカウント残高を登録銀行口座へ出金する権利を失うものとします。
  4. 当社が本条に基づいて本サービスを終了した場合、当社は本条に基づきユーザーに対して出金の義務を負うほか、一切の責任を負わないものとします。

第15条(損害賠償)

  • ユーザーが、本規約に違反して当社に損害を与えた場合には、これにより当社に生じた一切の損害(合理的な弁護士費用を含みますが、それに限られません。)を賠償するものとします。

第16条(免責事項)

  1. 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。
  2. 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。但し、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、本項は適用されません。
  3. 前項但書に定める場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(当社もしくはユーザーが損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負わないものとします。また、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害の賠償は、当社が当該ユーザーに対して支払った本就活情報の買取金額の総額を上限とします。

第17条(通知、届出情報の変更等)

  1. 本サービスに関する当社からユーザーへの通知は、本サイト内の適宜の場所への掲示、その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。
  2. ユーザーからの本サービスに関する当社への通知は、本サイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信又は当社が指定する方法により行うものとします。
  3. ユーザーは、当社に登録した一切の情報(ユーザー自身に関する情報を含みますが、これに限りません。)について変更があった場合は、速やかに当社所定の方法により当該変更を当社に届け出るものとします。
  4. 当社は、ユーザーが登録した情報に基づき通知を送付した場合、延着し又は到達しなかった場合であっても、通常到達すべき時に到達したものとみなします。

第18条(反社会的勢力でないことの表明・確約)

  1. ユーザーは、自らが現在次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し確約するものとします。
    1. 暴力団の構成員(以下「暴力団員」といいます。)及び暴力団員でなくなったときから5年を経過していない者
    2. 暴力団の準構成員(暴力団員以外で暴力団と関係を有する者であって、暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行うおそれがある者又は暴力団もしくは暴力団員に対し資金、武器等の供給を行うなど暴力団の維持もしくは運営に協力し、もしくは関与する者をいいます。以下同じ。)
    3. 暴力団の関係企業(暴力団員が実質的にその経営に関与している企業、準構成員もしくは元暴力団員が経営する企業で暴力団に資金提供を行うなど暴力団の維持もしくは運営に積極的に協力しもしくは関与する企業又は業務の遂行等において積極的に暴力団を利用し暴力団の維持もしくは運営に協力している企業をいいます。)の従業員
    4. 総会屋等(総会屋、会社ゴロ等、企業等を対象に不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民生活の安全に脅威を与える者をいいます。)
    5. 社会運動等標ぼうゴロ(社会運動もしくは政治活動を仮装し又は標ぼうして、不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民社会の安全に脅威を与える者をいいます。)
    6. 特殊知能暴力集団等(前各号に掲げる者以外の、暴力団との関係を背景に、その威力を用い又は暴力団との資金的なつながりを有し、構造的な不正の中核となっている集団又は個人をいいます。)
    7. 以下のいずれかに該当する者
      1. 前各号に掲げる者(以下「暴力団員等」といいます。)が経営を支配していると認められる関係を有すること
      2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
      3. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
      4. 暴力団員等に対して資金等を提供し又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
      5. 役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
    8. その他前各号に準ずる者
  2. ユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を越えた不当な要求行為
    3. 取引に関して脅迫的な言動をし又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し又は当社の業務を妨害する行為
  3. 当社は、ユーザーが前二項に定める事項に違反すると具体的に疑われる場合、ユーザーに対して当該事項に関する調査を行い又は必要に応じて資料の提出を求めることができ、ユーザーは、これに応じるものとします。
  4. 当社は、ユーザーが本条の規定に違反している疑いがあると認めた場合、本アカウントの開設申込みを拒否し又は本アカウントの利用を停止することができるものとします。
  5. 当社は、ユーザーが本条第1項若しくは第2項のいずれかに該当した場合、本規約に基づく確約に対して虚偽の申告をしたことが判明した場合又は第 3 項の調査等に応じない場合や虚偽の回答をした場合のいずれかであって、本サービス及び本アカウントの利用を継続することが不適切であると当社が認めるときには、当社は、本サービスの利用の停止及び本アカウントの抹消の措置を講じることができるものとします。
  6. 前項により当社に損害が生じた場合、ユーザーは、これを賠償する責任を負うものとします。また、前項によりユーザーに損害が生じた場合であっても、当社は、ユーザーに対し、当該損害を賠償する義務を負わないものとします。

第19条(権利譲渡)

  1. ユーザーは、当社が、本規約に基づく当社の権利及び義務の一部又は全部を第三者に対し、譲渡することができることにあらかじめ同意するものとします。この場合、当社は、当該第三者に対し、本規約に定められたユーザーに対する義務を継続して負担させるものとします。
  2. ユーザーは、本規約に基づく地位、権利又は義務を第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。また、本サービスの利用はユーザー限りとし、ユーザーが死亡した場合でも、相続人は当該ユーザーの地位、権利及び義務を承継しないものとします。

第20条(分離可能性)

  • 本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残存部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第21条(準拠法)

  • 本規約の準拠法は日本法とします。

第22条(管轄裁判所)

  • 本規約に基づく取引に関して、ユーザーと当社との間に紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第23条(存続規定)

  • 本アカウントが抹消された場合その他本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約が終了した場合であっても、第7条ないし第10条、第12条、第14条ないし第16条、第18条ないし第23条の規定は、引き続きなお効力を有するものとします。

第24条(本規約の変更)

  1. 当社は、いつでも本規約の内容を変更することができるものとします。但し、当該変更がユーザーにとって不利益な変更である場合、当社は、当社所定の方法により一定の予告期間をもって変更後の本規約を通知するものとし、当該予告期間の終了をもって、当該規約の変更の効力が生じるものとします。
  2. ユーザーは本規約の変更の効力が生じた日以降、変更後の本規約の内容に従うものとし、当社はユーザーが同日以降、本サービスを利用した時点で変更後の本規約に同意したものとみなします。